非課税投資制度 よだきっけの選択

よだきっけです。

スポンサーリンク

ようやく雪かきの呪縛から解き放たれましたwww
さらに豪雪地帯の方、すいません。

投資とありますし、リスクもあり自己責任!!!これが大事です。
リスクもありますが、よだきっけは国の政策にのってみようと思います。

 

まず、非課税投資制度であるiDeCoNISAを始める前に、
よだきっけの現状?予定を確認しました。

 

マイホームを建てる予定がありました。

10年以内に貯金や投資を使う予定がありました。

 

この状況の方でお金持ち以外は、NISA投資、もしくは貯金することになるでしょう。

貯金はまだしも、なぜNISA?

というのも、iDeCoの特徴に
1.所得控除の対象
2.投資の引き出しは60歳まで原則不可

この、投資の引き出しは60歳まで原則不可。これなんです!!!!!

よだきけは、現在30代。
10年以内にマイホームを建てる予定や子供の教育資金など貯金や投資金を使用する予定が満載です!!!
マイホームを建てること自体が一番のリスクだと思いますが・・・
妻が家を建てたいと連呼するし・・・
その割に、お金に疎い・・・

グッチってしまいましたwww

 

60歳まで引き出しが不可なんて、よだきっけの家庭状況的にありえません。
必然的に、引き出しがいつでも可能なNISAになります。

 

 

NISAには、一般NISA積立 NISAジュニア NISAがあります。
それぞれの特徴は、

一般NISA
年間の非課税投資枠 120万円
非課税期間 5年間
ロールオーバーで最長10年
最大非課税金額 600万円

積立 NISA
年間非課税投資枠 40万円
非課税期間 20年間
ロールオーバー不可
最大非課税金額 800万円

ジュニアNISAは、最近知ったので勉強中です。

となっています。

個人的に
一般NISAは、投資信託や株での運用が色濃く
積立NISAは、同じく投資信託での運用なのですが運用会社によっては日額、週額、月額など買いのタイミングを考える必要がなく、定期預金のような感覚で行えると判断しました。

 

株や投資信託の勉強は、これから頑張っていこうと思いますので・・・
そのため、買い投資のタイミングを考える必要がない積立NISAは、よだきっけにとってうってつけでした。

 

とはいっても、買うタイミングが安いに越したことはありません!!!

ん!?

 

2月に日経平均株価?安くなった?とかニュースで見たような・・・

 

もちろん、家を購入するするための資金を全て積立NISAに投資するわけではありません。
自己責任ですし投資が0になる可能性もないわけでありません。

また、
現在、一般NISAは2023年までの制度とされてますので金融商品の購入をできるのは2023年までです。
                                     金融庁より引用

一般NISAをフルで運用したい方は、早く始めないと最大の恩恵にあずかれないかもしれないですね。

 

iDeCoの運用も捨てがたいので、運用比や家計の状況を考慮して、なるべく有利に運用できるようにしたいですね!!!
40歳以後からを想像したり、共働きなので月1万円から始めてみようかと考え中です。

どんな非課税投資制度にしても、利益確定するタイミングが重要にはなりそうです。

よだきっけでした。

スポンサーリンク

ディスプレイ レスポンシブ 2019.7