新人や若手のあなたに出世を目指すことをお勧めする理由。

こんにちは、よだきっけです。

最近の若者は出世に興味がないと言われることがあります。

よだきっけも入職時臨床検査技師として出世に関して興味はありませんでしたが、現在は管理者となってます。その理由は、

職場を変えたい強い思いからです。

この思いと管理者として声をかけて頂いたタイミングが重なったからですが、管理者となることで成長できる部分が多くありました。

これから就職する方や若手の皆さんにも、ぜひ出世に対して目標を持ち業務を行うとより良いんじゃないかと思い、よだきっけの出世はこんなにいいモノだぞ!!!という思いをお伝えしたいと思います。

参考になれば、嬉しいです。

出世をすることを目指すべき理由。

人として成長する可能性が上がるからです。なぜなら、学ぶ機会が圧倒的に増えるからです。

  • 管理者研修。
  • 人に指導することが多くなる。
  • 人の意見を知ることで、色々な方がいるんだと知ることが、または再認識することができます。

また、

手っ取り早く職場を変えることができます。

検体検査の部署統合の必要性。

2018.12.13

管理者研修の内容。

年に3・4回研修を受ける機会があります。内容は、

  • マネージメントとは。
  • コミュニケーションとは。
  • 指導方法のコツ。

などです。

よだきっけは、何度かの研修を終えた後に

人として成長するチャンスは日常に多々転がっている。

と気づくことが出来ました。
研修を受ける機会がなければ、このことを気づかずに過ごしていたかもしれないと思うとゾッとします。

また、管理者研修では、集団を

  • 集団を円滑。
  • 機能的に。
  • 自主的に考えさせる。

にするために必要な事を知ることができました。

また、管理者研修に出ると他の管理者とディスカッションを取ることができ、良い影響を受けれます

例えば

  • ポジティブな思考の方がいれば、自分もとても良い影響を受けポジティブになれます。
  • コミュニケーション能力が高い方がいれば、真似出来るところを盗みます。

子供の時に、ヒーローのモノマネをして嬉しくなる感じことに似ているでしょうか?

学ぶことができても・・・
円滑にまわせないことは、いっぱいあります。

しかし、
日々起こる業務でのミスや批判的な言葉を感謝しながら改善し、日々成長していると信じています。

これは、仕事だけに活きることでしょうか?

そうです!!!家庭にも活きてくるんです。

人として成長する機会を増やす。

あなたが家庭を持った時にわかるかもしれません。

もし管理者にならず成長できていない自分を想像すると、器が小さい事を棚に上げ、

  • 妻のグチに耐えられず。
  • 子供の些細な行動や発言にもっと耐えられず。

上記を言い訳に怒り出し、

  • 父として家庭を束ねることが出来ず。
  • 自分の精神年齢の低さによる衝動的な行動で家庭をダメにする。

これらの可能性が高まったとさえ思っています。

仕事と私生活は必ず切り離せるものではありません。

仕事だけをする人生、私生活の充実のみを追求する人は別かもしれません。そういった人物になるには尋常ではない覚悟と努力が必要でしょう。

この投稿を読んでいるあなたは、なれますか?よだきっけは、無理です。

そうでなければ、

仕事と私生活が切り離せるものでは無い

と、できるだけ若い時に知るべきです。

よだきっけは30代前後で管理者になることで
気付く機会を多く得られ、どんな事にも感謝できるように変わってきました。
人として成長したと実感できています。

全ての事を感謝できるように成長できていないことは、これからの課題です。
正直、たまにはイラついてしまいます!!!

仕事の調子がよくなれば私生活もよくなる好循環になります。

子育てのために出世しよう。

管理者研修において、

職場の方に自分で考え、行動してもらうためにはどのように指導・アドバイスした方がよいか

の様な研修があります。

このことは仕事だけでなく私生活でも多いに活用できました。

子育ては、教育や指導を繰り返すものだと思います。

必ずしも親から子でだけではなく、子から親に気づかされる時もあります。

管理者研修で習ったことを実際の業務で活用し修正し、それを家庭にも活用し実施してきました。

否定せずに指導するため方法の研修では、

子育てにも夫婦関係にも役立っています。

よだきっけは、否定的なことを言う人間でした。

その時のままでは、子育てに奔走する日々の中で余裕がなくなると、誰かにあたっていたかもしれません。

注意
勘違いしてはいけないことは。

否定的な言葉を自分の中で変換し、無理やり否定しない言葉を選ぶ、という状態は好ましくありません。

それでは、自分で作ったストレスに負けてしまう時が来るでしょう。

よだきっけは、自分自身を下記の様に変えていきました。

  • 否定的に捉えないように。
  • 何事もポジティブに捉える。
  • ポジティブな思考を他者が理解できる様に発言する。
嬉しい事に、この練習は職場で腐るほどできます。
なぜなら否定的なな人間はよだきっけ以外にも意外と多くいます。あなたの職場でもそうではないですか?

本当に成長させてもらえて感謝です。

たまにネガティブなことを思うことも発言してしまうこともありますが、大幅に減っていることが自己認識できるほどです。

文句しか言わない職場の方にも感謝感謝です。

最後に。

出世に対してポジティブになれたでしょうか。

まだ、中間管理職の嫌な部分を想像するかもしれません。

嫌なこと、それは、

出来るようになればより良いですし自分自身の成長に繋がります。

その成長は、自分の家庭をはじめ様々なコミュニティーで活用できます

出世をしたい気持ちを持つと、日々の業務に対する思いも変わってくるのではないでしょうか。

その気持ちを持ちを大事に責任を持った業務を行えば、あなたへの信頼にも繋がります。

臨床検査技師として入職したら

2018.12.09

スポンサーリンク

ディスプレイ レスポンシブ 2019.7